新築一戸建ての住宅ローン|住宅金融公庫のバックアップ

男性

理想の住宅を手に入れよう

室内

デザイン住宅を建てる際には、まずは自分の希望と理想を明確にすることが重要です。希望と理想を明確にしてこそ、満足できるデザイン住宅を建てることができます。神奈川で業者を選ぶ際には、希望と理想に適していること、建築費をある程度把握できることを重視するといいでしょう。

Read More

耐震性を高めるために

外観

福岡西方沖地震が発生した福岡には、警固断層が存在します。大地震に備えるために、注文住宅を建てる際には耐震性を高めることが重要です。耐震基準と構造を理解することで、大地震に備えられる耐震性の高い住宅を建てることができます。

Read More

後悔しないための資金計画

インテリア

福岡で注文住宅を建てる際には、資金計画の有無が満足度を大きく左右します。住宅を建てる際には様々なタイミングで出費が生じるため、予めしっかりと資金計画を立てることが重要です。どのようなタイミングで出費が生じるのか、きちんと確認しましょう。

Read More

長く住んでいたい家

住宅

耐久性能の向上

日本の住宅中でも新築一戸建ての建て替えサイクルは、欧米に比べると格段に短くなっています。これまでは平均20数年で建て替えられてきたという統計もあります。20数年というと住宅ローンが終わるか終わらないかという年数です。やっとローンが終わったかと思うとまた建て替えのためのローンを組まなければならず、悲惨の一言に尽きます。せっかく建て替える家ならば50年100年と住み続けていきたいものです。川西でも長い間住んでいる人も多くいます。住宅メーカーや、工務店も耐久性能の高い一戸建て住宅が時代の要請になっていることから、耐久性能の向上に力を入れています。川西の業者も多くが耐久性能の向上に努めながら新築一戸建て住宅の建設を行なっています。

35年ローン

住宅金融公庫では耐久性の高い住宅には、各種の特典を与えて性能の向上をバックアップしています。一定の条件をそろえた新築の一戸建てには、最長35年返済のローンが利用できるようになりました。このローンを使って一戸建てを建築している川西の人も多くいます。住宅金融公庫の性能基準の条件は、通し柱が13.5センチ角以上、基礎の高さが地面から40センチ以上、小屋裏や床下に適切な換気孔を設置することなどです。合わせて防腐、防アリなどが行なわれていることも条件に挙げられています。住宅金融公庫の35年返済を利用ができる物件ならば、自動的にこれらの条件を満たしていますが、敷地面積などの関係で対象外となっている物件はしっかりと確認しておくことが大切です。川西の多くの人は住宅金融公庫を利用して一戸建て住宅を建設しています。